Deutsche Seiten
English pages
pagina espagnol
japanese
Other Languages

歴史的祝祭劇 1631年の「マイスタートルンク」

18.-21.05.2018

 

歴史上、マイスタートルンク事件ほど、ローテンブルク市の記憶に深く刻みこまれた出来事はありません。伝説によると、1631年10月31日に、ドイツ帝国軍ティリー将軍の軍隊によって侵略されたローテンブルクは、当時のヌッシュ元市長が3.25リットルのフランケンワインを一気に飲み干したために、焼き払われずに済んだ、ということです。

 

三十年戦争の頃の時代衣装、馬車、荷車や武器が登場。ローテンブルクの旧市街では、毎年聖霊降臨節に、丹念に当時の様子が演出されます。

 

ハイライトは、聖霊降臨節の日曜日に、市の参事会と「グナーデンブレーゲレ」と呼ばれる町の子供たちが先頭に立った大パレードです。重装備をした歩兵や、花束を手にした貴婦人たち、威嚇的なクロアチア兵、華やかな曲芸師、食料を積み込んだ荷馬車などが続きます。

 

この他に例を見ない、豪華な時代行列をお見逃しなく!遠の昔に過ぎ去った時代がよみがえり、生き生きと身近に体験できます。

 

1881年にローテンブルクのガラス職人でもあった詩人のアダム・ゲルバーによって戯曲化されたマイスタートルンクは、長い歴史を誇る帝国直属都市ローテンブルクの記憶の底に深く根付いています。当市の帝国直属都市祭りでも、賑やかに上演されます。

 

絢爛豪華なカイザーザール(皇帝ホール)でこの祝祭劇の上演は、毎年10月初旬に開催されるローテンブルクの秋祭りでも行われます。

 

すべての日程と、オンラインのチケット販売は、 www.meistertrunk.de をご覧ください。

 

 


Rothenburg Tourism Service | Marktplatz 2 | D-91541 Rothenburg ob der Tauber | Telephone +49-9861/404-800 | Fax +49-9861/404-529 | info(at)rothenburg.de
©2013 ROTABENE Medienhaus and Rothenburg Tourism Service | Imprint & Privacy